あなたの愛は枯れていませんか?

マインドフルネス龍神瞑想

いらっしゃいませ♪

龍の力を借りて、愛で癒せる人になろう!
マインドフルネスセラピストのルビーです。

お読みいただきありがとうございます。

サブタイトル、変えてみました。

“人は、自分のために何かをするよりも
誰かのために何かをする方が、パワーを発揮する”

ということを思い出させてもらったからです。

そして、誰かのためだと思ってやっていたことが
実は、自分のためになっていた……
ということがよくあります。

ダンナのためにご飯を作るのが面倒だった

以前、私が毎日フルに働いていたときのこと。

夜のヨガレッスン前に、夫タロウさんのために
急いで晩ご飯を作って慌てて仕事に行っていました。

タロウさんは「晩めしぐらい自分で勝手に食べるから準備しなくていい」と言ってくれていましたが

私は、”嫁”としての役目からか、プライドからか
「イヤ、大丈夫!」と半ば意地をはっていました。

栄養のバランスを考えたり
献立を考えるのがストレスになったので

最終的には、栄養士さんが考えた献立を
宅配してくれるサービスを利用して作っていました。

それもこれも、義務感で作っていたように思います。
そしてタロウからは『メシ炊きおばさん』と呼ばれるようになりました。

クソっ!
正直、面倒くさかった。。。


義務はなくなったけど、元氣もなくなって

その後、タロウさんは仕事で単身赴任しました。
おかげで、『メシ炊きおばさん』から解放されたのです。

ひゃっほー!
これで自由ダァ〜

と思ったのも束の間
自分のためにご飯をつくるって
とってもとっても面倒くさい!

だって、スーパーには美味しそうなお惣菜や
お弁当が、彩りも美しく並んでいるのです。

毎日、出来合いのものを買って帰るようになり
そのうち、お菓子やパンや、お酒とおつまみで済ませるようになり
もう、食生活は乱れまくり……

不摂生な生活が続くようになりました。
さすがに、元氣もなくなってきます。

義務感から解放されたのに
元氣が出なくなるって
なんだかおかしくない?


夫のためであり、私のためだった

毎日、”夫のため” と思って作っていたバランスの良い食事は
当然私の口にも入るわけです。

そんなこと、考えもせずに
ただ「あなたのために私がやってあげている」と
愛情の押し売りだったのかもしれません。

しかし、その夫がいなくなると
私は、お惣菜やお弁当に頼って
バランスの良い食事ができなくなりました。

結局、夫のためにやっていたことは
まわりまわって、自分のためだったのです。

人のためにすることは、面倒くさくても
相手が喜んでくれると思うと、楽しくなります。

相手が喜んでくれると思うと、自然とパワーも出ます。
嬉しくて、やる氣も湧いてきます。

人は、誰かのために行動する方が
何十倍もパワーを発揮するものです。

単身赴任になってみて
やっと氣がついた次第でした。

ですから、一緒に住む現在では
楽しく食事を作っています。

そして忙しいときは
「ごめん、今日は晩ご飯作れないから適当に食べて」と言えるようにもなりました。


人を愛で癒したいなら、自分を満たしましょう

自分に元氣がないとき
忙しくて余裕がないとき
自分に自信がないとき
そんな時でも、誰かに頼まれたら断れないし

「誰かのためになんとかしてあげたい」と
純粋に思います。

しかし、それは次第にストレスになり
「褒めて欲しい」「感謝して欲しい」という
見返りを期待してしまいます。

私は、愛にも限界があると思っています。

Boris TrostによるPixabayからの画像

自分のキャパシティをコップに例えてみましょう。

私たちは、コップの中にいっぱいに溜まって
溢れた愛を人に与えるとき

「溢れてるから使って」と
氣を配ることを惜しみません。

お金であれ、時間であれ、労力であれ
余っていたら人にあげても惜しくない。

けれども、カラダの内側にある愛の源泉から
無限に出ていると思っていたエネルギーは
ストレスや疲労によって、だんだんと枯れていくのです。

それでも、求められたら断れない
嫌われたくない……

そんな氣持ちで尽くしていると
コップの愛はどんどん減って
減った分だけ、何かで埋め合わせして欲しくなります。

「これだけやってあげてるんだから,返してよね」
自分のコップを、相手によって満たして欲しくなります。

こんな状態で尽くしていても
相手も自分もストレスになり
知らず知らずのうちに、依存状態になっていることがあります。

まずは、自分の愛の源泉が枯れていないかチェックしましょう。

もし、枯れていると感じたら

人に与えたり、尽くしたりするのをちょっとやめて
マインドフルネス瞑想で、まずは自分自身を満たしてください。

相手は、あなたが満たされるのを待っていてくれますから心配しないで!

今の自分の五感(見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触れる)に、意識を集中させるだけで大丈夫です。
1分間ぐらいやってみましょう。

瞑想を続けることで、愛の源泉が湧き出してくるようになります。
“愛の源泉かけ流し” ですね〜

7つの龍神瞑想では
これから実践のお手伝いができるようにしていきます。

どうぞ、登録をよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました