国際看護師の日に、感謝の言葉を唱えましょう

金龍瞑想

いらっしゃいませ♪

うちなる龍神パワーを集めて元氣と運氣を上昇させる
マインドフルネスセラピストのルビーです。

お読みいただきありがとうございます。

今日5月12日は、ナイチンゲールの誕生日にちなんで
「ナイチンゲール・デー」であり「国際看護師の日」です。
日本でも厚労省が制定した「看護の日」となっています。

去年から続くコロナ禍で
世界中の看護師さんたちが
昼夜、懸命に働いてくださっていますね。

感謝しかありません。
本当にありがとうございます。

この「ありがとう」という感謝の氣持ち、感謝のエネルギーは
最強のことたま(言霊)だといわれます。

感謝の波動とは?

感謝とは読んで字の如く「謝りを感じる」

「謝り」の漢字は
口から何かを発している状態の “言” と
弓を射った状態の “射” の組み合わせです。

“射” の漢字の意味は
弓を射ることで、緊張の張りが緩まることを表しています。

つまり、言葉を発することで
緊張を緩めるという意味なのです。

ですから相手に悪いと思って謝るときにも使われます。
怒っている相手の氣持ちを緩めたいとき、謝るんですね。

「感謝」というのは、自分が緩みを感じるということになります。
ありがたいなぁ〜と思うことで、自分自身を緩めることができるのです。

「ごめんなさい」と謝るときは、相手を緩め
「ありがたい」と感じるときは、自分を緩めている

“射”  という言葉は、相手や自分を癒してくれる
最強の波動を持つ言葉なのです。

そして「ありがとう」や「感謝します」という言葉は

『あなたのおかげで、私はこんなにも緩みました』

あなたのおかげで嬉しいですとか
あなたのおかげで癒されましたなどの氣持ちを
相手に伝えることができるのです。

ヨガのポーズでは
両手を胸の前で合掌すると、相手に対しての謝意(お礼やお詫びの心)を表し
両手を背中で合掌すると、自分への謝意を表します。

背中で合掌の方が圧倒的に難しいです。
ということは、自分自身に対してもっと感謝して
「私、いつもありがとう」って思うことが大事なんだと感じています。

言葉の波動で瞑想しましょう

せっかく最強の言葉の波動を知ったわけですから
その言葉を使って、瞑想してみましょう。

今日は『金龍瞑想』という「唱える瞑想」をご紹介します。

金龍は、喉のあたりにある第5チャクラとつながる風の波動を持つエネルギーです。

風のエネルギーに言葉を乗せれば
それは遠くまで運ばれていきます。

あなたの氣持ちが、遠くまで運ばれるということです。

これから1分間
「ありがとう」や「感謝します」など
あなたの言いやすい、感謝の言葉を唱え続けます。

世界中の看護師さんたちや医師のみなさんたち
さまざまなお世話をしてくださっている方々
自粛で耐えている方々
そして、がんばっているあなた自身

誰に向けてもいいので、氣持ちを込めて

「ありがとう、ありがとう、ありがとう……」と言い続けます。

その間、言葉の “音” にしっかりと集中します。

まずは、背骨を真っ直ぐに立てて姿勢を正して座ります。
2、3回自然呼吸をして、呼吸を落ち着けてください。

ここから、金龍瞑想の時間と空間に入っていきます。

タイマーを1分間にセットして
スタートボタンを押したら、「ありがとう」や「感謝します」などを
声に出して唱え続けてください。

頭の中で考えるのでなく
言葉という音の波動を、風のエネルギーに乗せるのが
唱える瞑想のポイントです。

ラジオトークでも行いますので
よければ、一緒にやってみましょう。

瞑想とは、潜在意識やハイヤーセルフから氣づきを得ることです。

唱えている間に感じたことがあったら
メモ用紙に書き出してみてください。

それが、今日のあなたへのメッセージです。

#7 国際看護師の日に金龍瞑想で感謝の言葉を
#国際看護師の日 #看護の日 #ナイチンゲール #7つの龍神瞑想 #金龍瞑想 #唱える瞑想 #マインドフルネス瞑想 #感謝 #ありがとう #言霊 #BGM:MusMus

コメント

タイトルとURLをコピーしました