2年間で凄い変化をしていた私

私の日常

いらっしゃいませ♪

優しい好奇心で自分のココロを感謝と愛で満たす

マインドフルネスセラピストのルビーです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

*-*-*-*-*-*-*

潜在意識って見えるの?

「すべてのデータは、イメージの形で保存されイメージの形で思い出される」

ピアス・アワード博士は

『脳をすこし良くする本』(青土社)の中でこう言っています。

確かに

過去のことを思い出すとき

映画を観るように、当時の状況が目の前のスクリーンに

映し出されます。

このスクリーンのことを

アレクサンダー・ロイド博士は

『ハート・スクリーン』と呼んでいます。

ハート(潜在意識)を映し出すイメージのことです。

そして、これは映画館のスクリーンではなく

SF映画に出てくるような、ホログラフです。

私は、そのスクリーンを

ずっと見てきたにもかかわらず

そのことに、まったく氣づきませんでした。

「確かに! 言われてみりゃそうだ。いつも見てるじゃないか」

それを知ったとき

めちゃ感動して、感激しました。

スクリーンに映し出されるのは『細胞記憶』

ハート・スクリーンに映し出されるイメージは

自分の中にインプットされた

細胞記憶です。

私は、お悩みの相談を受けるときに

アイビーマッピングというツールを使ったり

カラーカードを使って、潜在意識にアクセスするのですが

これらの方法は

その人の『言葉』から、その人のハート・スクリーンに

アクセスしたり

『色』を使ったカラーリーディングで

ハート・スクリーンを映し出したりしているのです。

あまりにも自然に、無意識にやっていたので

そのことの素晴らしさに、まったく氣がつかなかったのです。

今まで、潜在意識にアクセスする方法を、いろいろ模索して

あーでもない

こーでもないと

何なら、超能力をつけたいとか

催眠術を習いたいとか

思ったりもしたのですが

結果的には

もう、私はその方法を会得していて

ちゃんと使いこなしていたのでした。

「ああ~ バカバカ!」

まるで

メーテルリンクの『青い鳥』です。

私の手には

すでに最強の武器 エクスカリバーがあったのです。

ただ、このツールは

誰でも使えるが

「氣づいた者しか、使いこなせない」

という特徴があるのかもしれません。

もっと、もっと

このツールを使いこなしたい!

そして、私自身の細胞記憶を癒して

愛と光のエネルギーで満たされれば

自然と、私の周りにいる人たちにも

その波動が伝わるのだと、感じているのであります。

ー・-・-・-・-・-・-

この記事は、2019年1月19日に投稿したアメブロの記事です。

知らないうちに進化していた

2年後の今

私は、龍神とつながる瞑想をプロデュースしています。

10代から40代までの私は

空手やフィットネス、ヨガを通じて、カラダとアクセスして来ました。

40代から50歳ぐらいまでは、婚活し、カウンセリングを学び、ココロとアクセスをした時代です。

もちろん、運動も続けています。

そして、50歳を過ぎたころから、潜在意識や哲学に興味を持ち、魂のあり方について学んで

マインドフルネス瞑想を実践しています。

好きなこと、興味を持ったことだけを学んできましたが

みごとに「ボディ、マインド、スピリット」と学びを深めていたことに氣づいたのです。

すべての経験には、意味があった

これまでやってきたことは、すべてムダではなく

バラバラに思えたものが、ひとつにまとまる瞬間は感動的でした。

これまでの人生の“伏線を回収”するのが

これからの活動になるわけです。

3月20日から始まる

自然治癒力学校主催の『ちゃくなび。カウンセラー講座』

私は、『7つの龍神瞑想』を担当します。

もうワクワクが止まりません。

そして、これからも

「ボディ、マインド、スピリット」のつながりを、わかりやすくお伝えしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました